2012年11月13日

尺八の吹き方 吹く前の姿勢

おはようございます。
今朝はいい天気、本当にこれから雨模様になるのでしょうか?

さて、今日は尺八を吹く時の姿勢についてアドバイスしたいと思います。
いい音を出そうと思えば、できるだけ力を入れずに尺八を持つ必要があります。
とはいえ、そうは頭で解っていても、あっちに力が入り、あっちを抜けばこっちに力が入ってしまうという始末。
うまくコントロールしようとするのは、至難です。

では、どうすればうまく力を抜けるようになるか。
今日のポイントは、「力が抜けないなら、力を入れればよい」です。
なんでしょう、まるで「パンがないならお菓子を食べればいい」といわんばかりです。

とりあえず、方法をお教えしましょう。
吹く前に、思いっきり首をすくめるように肩に力をいれます。
それを数秒したら、一気に力を抜きます。
これだけです。
この力を抜いて、肩や手の力がだらんと垂れた状態。
これが、一番よく脱力できている状態です。

簡単でしょう。
これをやってから吹き始めれば、無駄な力を入れなくてすみます。
もし、「また力が入ってきているな」と思ったら、もう一度繰り返せばいいのです。

練習というのは、無理やたらと難しい事をすればいいというものではありません。
こういった事は、単純であればあるほどよいのです。
是非、練習の前に取り入れてもらえたらと思います。


葛山幻海
posted by 幻海 at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 尺八練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
尺八の修理・販売のことは、尺八修理工房幻海にご相談ください。英語版サイトもあります。他にも、尺八の保管方法などお得な情報も発信中。尺八関連の小物(譜面台・歌口キャップなど)の販売はGNKAI Music Web Shop
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。