2012年06月09日

独自ドメインとサーバー移転A

おはようございます。
昨日の続きで独自ドメイン〜サーバー移転の方法を解説したいと思います。


さて、「301リダイレクト」というGoogle・Yahooが推奨するサーバー移転の際のプログラムが無料ホームページ(FC2)では使用できないとわかったワケですが、301リダイレクトのことを調べているうちに代替案が見つかりました。それは、「meta refresh(メタリフレッシュ)」という方法です。301リダイレクトは、「.htaccess(ドット・エイチ・ティー・アクセス)」というファイルとそれを動かす為のサーバー側のシステムが必要であったのに対し、この meta refreshはホームページ自体にプログラムを記述する事ができます。何となくのイメージとしては、前者が受身だったのに対して、後者は自発的にできるといった感じです。

meta refresh
しかも、Yahooの公式な発表によれば、meta refreshで即時(0秒)転送すれば、「301リダイレクトと同じ認識をする」と書かれています。これは、ありがたい。サーバー移転で一番避けたいのは、今まで築き上げてきたものを失ってしまう事です。つまり、301リダイレクト扱いという事は、旧ホームページの評価を新ホームページに引き継げるということです。
何だが難しそう。いえいえ、そんなに難しい事はありません。ホームページのHTML文書head〜/head内に下記の記述をするだけです。

meta http-equiv="refresh" content="0;URL=http://新ドメイン"
※↑を実際の使用の時は、初めと終りを<>でくくってください。

新ドメインと書いているところに新しいホームページアドレスを書きます。Content=”0”というのは上記で書いたように即時(0秒)に転送する事を表しています。もちろん、ホームページは1ページしかないなんて事はないでしょうから、それぞれのページにこのmeta refreshを記述する必要があります。新ドメインのところは、それぞれのファイル名や階層によって変わってくるので、旧ホームページを参考にするのがいいでしょう。

といった具合です。私のホームページは200余ページあったのでそれなりに大変でした、しかも、ミラーサイトもありましたし…。新旧ミラー合わせて600余ページの変更更新です。ほぼ丸2日かかりました。とはいえ、これで上手く新サーバーに移転できると思えば…あとは経過を待つだけです。Googleやyahooでは速ければ2週間、全てが落ち着くのは半年ほどと云われています。今後、推移を観察しつつ、このブログで紹介できたらと思います。


葛山幻海
posted by 幻海 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
尺八の修理・販売のことは、尺八修理工房幻海にご相談ください。英語版サイトもあります。他にも、尺八の保管方法などお得な情報も発信中。尺八関連の小物(譜面台・歌口キャップなど)の販売はGNKAI Music Web Shop
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。