2011年07月08日

虚霊(キョレイ)

おはようございます。
今日は、尺八根源曲の一曲、虚霊のことを少し解説します。
くわしくはリンク先をどうぞ。

虚鈴
尺八根源曲の一曲、伝説によれば中国の怪僧・普化が「明頭来、明頭打…」と町をねり歩きながら振った鐸の音色を笛に写し取ったとされ、それが渡来した尺八ともに和歌山県由良の興国寺に伝わって、全国へ広まったといわれています。

鐸の音色(鈴の大きいやつ)を写し取ったというだけあって、とにかく目だったメロディや技法というったものはありません。お経を読むかのように嫋嫋と吹ききるのがよいとされています。


葛山幻海
posted by 幻海 at 07:38| Comment(0) | 尺八 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

尺八の修理・販売のことは、尺八修理工房幻海にご相談ください。英語版サイトもあります。他にも、尺八の保管方法などお得な情報も発信中。尺八関連の小物(譜面台・歌口キャップなど)の販売はGNKAI Music Web Shop
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。