2012年12月21日

マヤの予言では今日が滅亡ですが…

おはようございます。
ついに、マヤの予言の滅亡の日が来ましたね。

それにしても、昨年・今年と世界は大きな変化に見舞われましたね。
大規模な自然災害〜人災、度重なる領土問題や内戦、経済の疲弊、はたまた世界の主要国の指導者の変更などなど。よくもまぁ、ここまで立て続けに悪いことが起こるもんだと思ってしまいます。

それもこれも、戦前戦後に作られた世界のルールが現代の発展のスピードについてこれなくなった齟齬。旧態依然とした組織や人類の思考などの影響なのかもしれません。そういうことからいえば、ここ数年のなかば強制的な変化は、一見目に見えない物のようでも、確実に我々の価値観を変化させたように思われます。

安ければいい、便利であればいい。今までの世界のあり方が間違っていたと、必死に生きてきた方々を否定するわけではありません。しかし、もう一度これからのあり方を考えるべき時が来たのだと思います。憲法九条はすばらしいものですが、だからといって自分たちを守るべき力すら放棄するのはおかしいでしょう。そういったことをもう一度どうすべきか真剣に考えたいものですね。

数年前からささやかれているマヤの予言の一つに人類の意識の飛躍というものがありました。もしかしたら、こういったことから人類がもう一度、己を見直す機会の事を暗示していたのかもしれません。まぁ、とりあえず滅びなくてよかったですよ、ほんと。


葛山幻海
posted by 幻海 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
尺八の修理・販売のことは、尺八修理工房幻海にご相談ください。英語版サイトもあります。他にも、尺八の保管方法などお得な情報も発信中。尺八関連の小物(譜面台・歌口キャップなど)の販売はGNKAI Music Web Shop
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。