2012年09月15日

イワシ祭り開催!!

おはようございます。
先日、近くの波止場にサビキ釣りと太刀魚釣りに行ってきました。
もう、ほんっと爆釣です。

イワシ調理中イワシ調理中

その日は、もう港に着いたときから異様なほどイワシが釣れました。
エサのオキアミを入れようが入れまいが、関係なくサビキに3〜4匹ついてくるぐらいです。
それが延々、数時間。
あっという間に、30リットルのクーラーボックスは満杯。
さすがに、終盤には疲れて、釣れてもリリースしていました。

それから、折角ならおいしいアジも釣りたいと思い、数百メートルほどポイントを移動。
しかし、そこでもイワシ祭りが絶賛開催中で・・・。
それでも、何とか20匹ほど釣る事ができました。

太陽が沈み、辺りが暗くなりかけた頃、そろそろ太刀魚を、と再びポイントを移動。
今回の湾で太刀魚釣りは初めてだったのでどうかな、と思っていると先客がいました。
先客には、礼儀をもってあいさつし、釣れるのかどうかを情報収集。
すると、昨晩は5回ほどアタリがあって、3匹つり上げたとのこと。
俄然やる気がでてきます。

いそいそと竿の用意をして、エサを投入。
私の太刀魚釣りは、ルアーではなく、エサとウキとの投げ釣りです。
と、そうこうしているとお隣さんが小さいながらも太刀魚ゲット。
こっちも負けてられないと、思っていたのですが空回りでテトラポットに仕掛けが取られてしまいました・・・(泣)
その間に、さらにお隣さんは釣り上げていました。

仕掛けを変えて再度投入。すると数分後にアタリが!!!
緊張しながら慎重に手繰りよせ、針のところにググっと心地よい重みと確かな反応が・・・
それを確かめて間合いを見計らってアワセ!!!!!!
その瞬間、空しく重みは霧散しました。
バラシてもうたーーーーーー。
お隣の常連さん曰く、「ここの太刀魚は2本バリだとエサを持て遊んで喰いが悪く、よくバラシてしまう。一本バリのほうがいいよ」とのお言葉。
と、お隣さんエサを投げ入れたらすぐにアタリが!もう入れ食いです。指3本分のなかなかのサイズ。
その後、時合が過ぎたのかパタリとあたりはなくなり、お隣さんは早々に退散するとのこと。
帰りがけに、自作の一本バリの仕掛けをありがたいことにいただけました。
もう、師匠と呼ばせてください。
その後、一時間ほど粘りましたが、結局アタリもなく撤収する事に。
今回は、残念でしたがこれでこの港のクセはわかったので次回はリベンジできます。

イワシ下処理イワシ下処理

最終的にイワシは約400匹、アジは約20匹、メバル1匹の釣果です。
クーラーボックスの重い事、かつてないほど満杯です。
次の日、釣った魚の処理をしつつ、ご近所さんに配りまわりました。
処理した頭やはらわたもムダにせず、堆肥土に混ぜて、家の小畑に撒く予定です。
昨晩の献立は、イワシの甘露煮、小麦粉をつけたイワシとにんにくを焼いた物、アジの南蛮漬け。
海の恵に感謝しつつ、おいしく舌鼓を打ったのでした。終幕


葛山幻海
posted by 幻海 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
尺八の修理・販売のことは、尺八修理工房幻海にご相談ください。英語版サイトもあります。他にも、尺八の保管方法などお得な情報も発信中。尺八関連の小物(譜面台・歌口キャップなど)の販売はGNKAI Music Web Shop
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。