2012年03月21日

伊勢参り 内宮

おはようございます。
花粉症が多くて大変ですね。


さて、前回までで伊勢参りも夫婦岩〜外宮まで書きました。今日は、内宮へと向かいます。内宮は、正式名称を皇大神宮(こうたいじんぐう)といい、主祭神は天照大御神です。
外宮から内宮までの道のりは、車で約4km。すぐ近くです(田舎者の感覚ですが…)。駐車場は、何箇所もありますが、私は宇治橋近くでおはらい町にも近い駐車場をいつも利用します。

それでは、鳥居の前で一礼して、宇治橋を渡り内宮神域へ入場します。内宮は外宮と違って右側通行になります。参道はとても広く、横手には綺麗な松の庭園を見ることが出来ます。その松の枝ぶりがすごくよくて、参道の砂利とあいまって、雲竜のような威厳を感じさせます。しばらく進むと手水舎がありますので、そこで身を清め、さらに進んで五十鈴川のほとりでも身を清めます。準備も万端です。それでは正宮へ向かいます。天照大御神は、女性神として描かれることが多く、天の岩戸に隠れるなどの気難しい一面もあるといわれていますので、心身ともに引き締めて参拝します。正宮の横には来年の式年遷宮の新しい社を作る準備が着々と進められているらしく、白い幕で覆われていました。次に来るときが楽しみですね。

内宮.jpg内宮

正宮の後は、荒祭宮を参拝します。そんなこんなで参拝も無事に終り、お守りなどを受けましたので、おはらい町に向かいます。本当に今回は、カメラが不調で残念なことだなと今さらながら感じますね。


葛山幻海
posted by 幻海 at 08:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
尺八の修理・販売のことは、尺八修理工房幻海にご相談ください。英語版サイトもあります。他にも、尺八の保管方法などお得な情報も発信中。尺八関連の小物(譜面台・歌口キャップなど)の販売はGNKAI Music Web Shop
ファン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。